より安全により美しく | 自信のある二重で相手を見つめる【魅惑のアイコンタクト】 " />
女性

より安全により美しく

顔の手入れ

今は二重の整形手術がすっかりポピュラーになり、気軽に受けることができるようになりました。プチ整形と呼ばれるメスを使わない施術・埋没法が定着し、短時間でリーズナブルに受けられるようになったことも大きな要因でしょう。しかし、いざ二重のプチ整形を受けようとすると、どのクリニックにしたら良いのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。プチ整形と言っても手術には変わりなく、やはりできるだけ良いクリニックを選びたいですし、それに費用もクリニックによって様々です。二重の整形を受ける際のクリニック選びは慎重に行ないましょう。 現在、二重の埋没法はどのクリニックでも行われています。施術時間も10分程と、まさに「プチ整形」の名にふさわしい手軽さです。手軽な手術ではあっても、医師の経歴をきちんと確認し、二重整形術経験が豊富かどうか、事前にチェックしておきましょう。それによって、施術後のトラブルを回避できます。また、埋没法と一口に言いますが、施術法は一つではありません。そのクリニックではどのような施術法が使われているのか、費用と一緒に確認しておくことも大切です。 そして、最も重要なことは、カウンセリングでどこまできちんと向き合ってくれるのか、という点です。自分の希望する二重にするにはどのような施術が向いているのか、そしてメリットだけでなくリスクやデメリットもきちんと説明してくれるのか、要はあなたの希望に誠実に応えてくれるクリニックかどうかが、最も大切なポイントでしょう。 二重の整形は今や全く当たり前になって、ほとんど整形手術という観念すらも無くなりつつあります。しかし、大切な目は一つずつしかありません。美しい理想の二重ラインをその目の上に描くために、できる準備はしっかりしておきましょう。

メスを使わない二重整形術として人気を集める埋没法ですが、腫れが少ないため、元の生活に復帰しやすいというメリットがあります。埋没法は大きく分けると2つの施術法があります。瞼板法と挙筋法です。糸を埋め込む位置によって、この2つの方法に分かれるのです。瞼板法はまぶたの裏の瞼板という所に糸を埋め込み、挙筋法はもっと奥の、まぶたを引き上げる筋肉である眼瞼挙筋という所に糸を埋め込みます。一般的には瞼板法の方が広く行われていますが、挙筋法には、眼球を糸が傷つける恐れが無い、腫れが少なくできる、などのメリットがあります。しかし、施術法が若干難しくなるので、症例数の多いクリニックでお願いするのがおすすめです。 また、同じ瞼板法についても、糸を止める箇所を増やしたり、糸の結び方を工夫することによって、二重のラインがとれにくくなる、クッキリとした二重ラインになる、などの違いが出てくるのです。このように、同じ埋没法の二重術でも様々な施術法があり、それぞれに特徴があります。二重のプチ整形を希望される時には、費用だけにとらわれず、自分が希望する二重はどのようなものか、そしてそのクリニックで行われている施術はそれに応えてくれるのか、その点をしっかり確認しましょう。クリニック選びに悩んだ時には、インターネットサイトや美容雑誌、友人からの口コミなどを活用すると、探しやすいでしょう。特に、口コミを利用すると、二重整形手術を実際に受けた人の話が確認できるので、具体的な施術のイメージがつかみやすくなっており、とても便利です。二重整形は、ますます進化しています。これからもデメリットはより少なく、そしてメリットはどこまでも多く、そうした施術法の開発が進められていくことでしょう。