魅力的な目元になるのは | 自信のある二重で相手を見つめる【魅惑のアイコンタクト】 " />
女性

魅力的な目元になるのは

注目されるプチ整形

整形

女性にとって魅力的な目元を作り出すためにも、メイクの中でもアイメイクに時間をかけているという方は少なくありません。特にパッチリとした瞳に仕上げる方法として二重化粧品や二重アイテムを利用する方は増えてきていますが、目元は皮膚が薄くかなりデリケートな部位でもあるので、繰り返しアイメイクを行っているとまぶたに小じわが出来てしまったり、皮膚のたるみの原因になる恐れがあります。そこで多くの女性が利用するようになっているのが、美容皮膚科や美容外科で受けられる目元のプチ整形で、二重の形成術を受ける方法です。整形と聞くとメスで肌を切るなど、入院が必要が手術を行うイメージを持っている女性は多いですが、二重の形成術として人気になっているのが特殊な糸を目元に食い込ませることによって、自然で綺麗な二重に仕上げることが出来る「埋没法」の施術です。埋没法施術自体は短時間で済ませることが出来る特徴があり、診察を行い施術を受けたら帰宅が出来るので日帰りで施術を完了させることが出来ます。また治療にはメスを一切使用しないので肌にかかる負担も最小限で済ませることが出来る点も多くの方に支持されている理由になっています。埋没させた糸は数日は目元の軽い腫れを引き起こしてしまいますが、時間が経てば肌の状態が落ち着いてきますので、二重化粧品やアイテムを利用しなくても綺麗な目元を常に維持することが出来るようになります。施術後は特にトラブルが起こらない限り再診をする必要が無いので、気軽に利用する事が出来ます。

施術後は安静に

他の整形施術に比べて埋没毛による二重形成術は肌にかかるダメージが少ないメリットがありますが、やはり特殊な糸を目元に埋没する以上皮膚は異物感を排除しようとして腫れを起こしてしまう場合が多いです。施術後は目元が赤くなりやすく施術をやったと周りにわかってしまうのは避けたいと思うのであれば、長期の休みなどを利用すると周りに気付かれずにまぶたが落ち着くまで安静にしておくことで、腫れがひいて綺麗な二重まぶたに仕上げることが出来ます。肌が腫れている時は極力その部位に触らないことは必須です。手には雑菌が多く付着しているため、ふとしたきっかけで患部が化膿してしまう恐れがありますので、腫れを長引かせたくない場合は眼帯で目元をガードしておくと、外部からの雑菌を防いで腫れを自然におさめることが出来ます。クリニックによっては治療後のメイクは可能と指示される場合はありますが、人によっては大きく腫れが目立つようになる場合もありますので、その日の入浴やメイクなどを行うのは避ける方が無難です。安静にしておくと次第に肌の状態は落ち着きます。万が一まぶたの腫れが一週間たっても引かない場合は、何らかの肌トラブルを起こしてしまっている状態のため、早めに施術を受けた病院に相談をすることをお勧めします。顔の皮膚は他の部位に比べて薄い特徴がありますので、敏感肌などのデリケートな肌質をお持ちの方の場合、肌トラブルが起こりやすくなってしまう可能性がありますので、施術後は注意深く観察しておくことをお勧めします。